こんばんは。ブログではご無沙汰しております。

 

最近、身の回りに大きな話題がなく、すっかりブログを書く習慣が失われてしまったのですが、近況報告も兼ねて、久しぶりにパソコンを立ち上げて見ました。

あらためて文字にしてみると理解できることもある、と良く聞きますが、まずは衰えてしまった自分の文章を目の当たりにして、今はかなりがっかりした気持ちです。。。

 

・怪我について

落車の時のことは、何がぶつかったのか覚えていないのですが、眼球の近くにまで傷が及んでいたため視力?視野?が今でも良くない時があります。もちろん運転・日常生活には支障はないレベルですが、自転車のように一点や周囲を注視するスポーツは改めて視力が大切だと気づかされました。そもそも成長期にテレビゲームや読書で視力をかなり悪くしたので、いまさら些細な問題かもしれません。

 

・レース活動について

JCFからもリクルートがあったと思いますが、現在、中距離ナショナルチームではコーチ・スタッフが不在です。そのため、5月以降は所属チームからの国内レース活動(主にロードレース)をメインに活動してきました。今後のことは自分にも全くわかりません。

 

そして5月末からのステージレース、ツール・ド・熊野を走った後から、思うようにトレーニングができず、しばらく体調を崩していました。

 

別に風邪をひいたり、熱が出たりといった病的な症状はなく、ただただどんな練習をしても自分の体では無いような気持ちの悪さや吐き気、身体の歪みからくる痛みに悩まされていました。

そんな状態の中で走ったJBCF群馬交流戦はギリギリ完走、翌日から松本での茨城県強化トラック合宿を過ごし、大幅に時間はかかりましたがコンディションがだんだん良くなってきました。

 

トレーニングが順調にできていない時は、精神的にもあまりいい状態とは言えなかったのですが、「無理にでもレースを走れば何か得られるかもしれない」と思って参加しました。周りの人にはがっかりさせるような走りだったとしても、自分の経験から、立ち止まっていて得られることは僅かだと思ったから。

 

 

今後の予定は

6月30日 全日本選手権ロード

7月13-14日 JICF International Track cup に出場の予定です。

 

そのほかにも合宿や遠征の予定も入ってきているので、怪我なく楽しんで自転車との生活を過ごせたらと思っています。